シェーバーでのヒゲ処理が向いている人・向いていない人

HOME >シェーバーでのヒゲ処理が向いている人・向いていない人

ヒゲ処理ならシェーバー?それともヒゲ脱毛サロン?

ヒゲの処理方法として定番なのは、シェーバーを使って自宅で毎日処理する方法。
でも、もっと便利な方法として、脱毛サロンなどでおこなうヒゲ脱毛があります。

サロンでおこなうヒゲ脱毛では、一般的にレーザーを使います。
毛に含まれるメラニン色素をターゲットに、毛を発熱。
そうすることで毛根周囲にある毛母組織を破壊してヒゲが伸びないようにするのです。

電気脱毛では傷みも時間もかかってしまいがちなのですが、レーザーではそんな心配もないとして、最近ではもっぱらこちらが主流となっていきているのです。

ただ、そうはいっても、必ずしもレーザーが良いということはありません。
人の体はそれぞれ異なりますから、レーザー脱毛が肌に合う人もいれば合わない人もいるのです。

では、シェーバーで十分な人、サロンでヒゲ脱毛をした人がいい人、というのはどんなタイプの人なのでしょうか?

シェーバータイプ

■シェーバーを使うことで肌になんらかのトラブルが起こることはない
■ヒゲ剃りの時間が苦にならない
■毛色が金髪、白髪の人など、サロンでの処置ができない

サロンでのヒゲ脱毛タイプ

■シェーバーなどで剃ることで、カミソリ負けやにきびが悪化することがある
■ヒゲを剃る行為が、肌荒れや乾燥、湿疹などを作ってしまう
■ヒゲを剃ると、肌が青くみえる
■毎日、ヒゲ剃りをする時間が面倒に感じる
■ヒゲを処理した後、毛穴がポツポツしたり黒くなったりする

サロンでのヒゲ処理は、人や機械がやってくれるだけでとても便利。
自己処理での回数が減り、肌への負担も軽減されます。

シェーバーなどので処理は、少なかららず肌へのダメージを与えていますので、それによる肌トラブルの心配が減るのは良いことです。特に乾燥トラブルの心配がなくなるといえます。

さらに、これまでおこなってきた自己処理による色素沈着、シミやソバカスなどが薄くなる事もあるのです。

ただ、いいことばかりではありません。
サロンでの脱毛処理は1回では終わりませんから、ヒゲが生え変わる周期にあわせて来院しなければいけない手間があります。
また、その金額も決して安いものではないのです。

シェーバーにもサロンでのヒゲ脱毛にも、それなりのメリット・デメリットがあります。
ただ、一番の違いは肌への影響です。
シェーバーで肌へのトラブルが出てしまう人は、サロンでのヒゲ脱毛をしたほうがいいかもしれません。
逆に、サロンでのヒゲ脱毛が体質的に無理な人、そして通院や費用の面で難しいひとはシェーバーでの処理が適しているといえます。

MENU
HOME
向いている人・向いていない人
シェーバーの今と昔
ラムダッシュとブラウン
病院でのヒゲ脱毛
東京のヒゲ脱毛はこちら